【相談無料】神戸・三ノ宮で債務整理経験豊富な弁護士なら弁護士法人リーセット

弁護士法人リーセット【神戸】

〒651-0087
兵庫県神戸市中央区御幸通6-1-4 真田ビル5階
各線三ノ宮駅から徒歩約5分
神戸駅から電車で約3分

受付時間
平日9:00~20:00
定休日
土曜・日曜・祝日
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

●取扱い業務:債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

お電話での無料相談はこちら
0120-330-108

メールでのご相談は24時間お気軽にどうぞ!

個人再生すると海外出張や旅行に制限はかかる?

田中弁護士

「個人再生したいけど海外出張の予定がある」
「個人再生の手続中に海外旅行に行ってもいいの?」

個人再生は借金を5分の1程度に圧縮してもらったり、返済期間を3~5年に調整してもらったりできる、頼もしい債務整理です。

個人再生もメリットがあるぶんデメリットはあるのですが、その一つとして「海外出張や海外旅行に行けない」と思っている人も多いようです。

しかし、個人再生の手続中も手続後も、海外出張や海外旅行について制限がかかることはありません。

個人再生の手続中に海外出張や海外旅行に行く場合は、スケジュールに関していくつか気をつけるべき点がありますが、それさえクリアすれば全く問題はありません。

それでは、個人再生をする場合の海外出張・海外旅行について、順番に確認していきましょう。

そもそも個人再生とはどのような手続きか

個人再生と書いてある黒板

個人再生というのは、裁判所を通して行われる法的な手続であり、借金を目安として5分の1程度に減額してもらったうえで、3~5年をかけて返済していく形の債務整理です。

また、個人再生の特徴として、ローンが完済していない持ち家を残したまま借金を大きく減らせるという点があります。なお、持ち家がない場合は自己破産を選んだほうが、借金の返済義務自体を免除してもらえるので、より大きな借金減額効果を得ることができます。

個人再生は裁判所を通して手続を行うため、本人が数回裁判所に行く必要があります。

また、裁判所によっては、手続きのスケジュールの中で「履行テスト」または積み立てを行う場合があります。どちらの場合でも決められた口座に決められた金額を毎月振り込むことになります。

これは、本人が借金を本当に返していくことができるかどうかを確認するために行われるものであるため、決められた日までに口座への入金ができないと、個人再生を認めてもらえなくなる可能性が高くなってしまいます。

個人再生とは?

個人再生手続中も後も海外出張・海外旅行に制限はかからない

パスポートと地図

個人再生については、手続中も手続後も、海外出張や海外旅行に関して制限がかかることは一切ありません。

そのような決まりを定めているものは何もないのです。

そのため、個人再生の手続をしている最中でも、個人再生の手続が終わった後でも、海外出張や海外旅行には自由に行くことができます。

ただし、上でふれたとおり、個人再生の手続中には個人再生を行う本人がやらなければならないことがいくつかありますので、その点のスケジュール調整は必要になってきます。それについては下で詳しく説明します。

個人再生の手続が完了した後であれば、海外旅行も海外出張も何も気にせずに行くことができます。

ただし、クレジットカードが使えないという点に注意が必要になります。

これについても、後に詳しく説明します。

クレジットカードの債務整理!債務整理するとカードは使えなくなる?

自己破産で海外出張や海外旅行は裁判所に申請する必要がある

裁判所

個人再生とは別の債務整理である「自己破産」を選んだ場合は、裁判所に自己破産を申立ててから免責許可が降りるまでの間、勝手に海外出張や海外旅行に行くことはできません。

これは、破産法第37条第1項において、「自己破産をする人は、裁判所の許可をもらわなければ、住んでいる場所を離れて海外出張や海外旅行に行ってはいけない」ということがはっきり決められているからです。

ただ、自己破産の手続中でも、裁判所にきちんと説明すれば、たいていの場合は海外出張や海外旅行も許可が下ります。

自己破産とは?神戸の自己破産をわかりやすく解説

自己破産のデメリットは?

個人再生の手続中に海外出張や海外旅行に行く際の注意点

個人再生では海外出張や海外旅行に行ってはいけないという決まりはないものの、実際に行くときには注意点が2つあります。

 

代理人である弁護士との連絡や再生委員との面談などのためにスケジュールを調整する

個人再生手続きの大部分は代理人である弁護士が行ってくれますが、弁護士が本人に連絡して確認を取ったりしなければならないことも手続中には出てきます。

そのため、手続中に海外旅行に行く場合は、弁護士との連絡が必要になるタイミングを避けるといったスケジュール調整をしたり、必要な資料などを事前に預けておいたり、電話連絡が必要な場合は連絡を取る日時を決めたり、といった調整をする必要があります。

さらに、個人再生を行う裁判所によっては、裁判所が決めた「再生委員」との面談があります。

再生委員との面談は、個人再生を裁判所に認めてもらえるかどうかが決まる重要なポイントですので、再生委員が付く場合は絶対に欠席を避けなければなりません。

つまり、個人再生手続中に海外出張や海外旅行に行く場合は、事前に代理人である弁護士と打ち合わせをしてスケジュールなどを調整するのに加え、再生委員が付く場合は再生委員との面談の日にちを避ける必要があるということです。

履行テストや積み立ての支払日には必ず入金ができるようにする

個人再生手続中に注意したいもう一つの点としては、上述した履行テストまたは積み立て中の支払日に必ず入金ができるようにスケジュールなどを調整すべきだということです。

具体的には、海外出張や海外旅行のスケジュールが支払日と重ならないようにする、もしくは信頼できる家族などに代理で入金してくれるよう事前に頼んでおく、といった方法があります。

履行テストや積み立てがきちんとできるかどうかも個人再生が認めてもらえるかどうかの重要なポイントですので、海外にいて入金できない、という事態は絶対に避ける必要があります。

個人再生後に海外出張・海外旅行に行く場合はクレジットカードが使えないことに注意

個人再生をするとブラックリストに載るのでクレジットカードが使えなくなる

個人再生を行うと、「借金をあらかじめ決められた条件で返せずに個人再生をした」という信用事故の情報が、「信用情報機関」という機関に登録されます。

信用情報機関というのは、銀行・クレジットカード会社・消費者金融などのお金を貸す事業を行っている企業が加盟している機関で、相手にお金を返す能力があるかどうかを調べるために、クレジットカードの利用状況や債務整理の有無といった信用情報を集めています。

信用情報機関に信用事故の情報が載ることを一般的に「ブラックリストに載る」というのですが、個人再生を行うとブラックリストに載った状態になります。

そのため、個人再生をしてから5~10年程度の間、クレジットカードを使ったり、ローンを組んだりといったことができなくなります。

債務整理でブラックリストにはいつから何年載る?

個人再生のデメリットは?

クレジットカードが使えない状態で海外出張や海外旅行に行くときのポイント

個人再生後5~10年の間に海外出張や海外旅行に行くことになった場合は、事前に円をドルやポンド、ユーロその他の現地通貨に両替しておきましょう。

両替は空港や銀行、両替所などで行うことができます。また、日本での両替はあまりレートがよくないので、可能であれば現地(出張先・旅行先)で両替したほうが得だといえます。

また、もう一つの方法として、デビットカードを作っておくという手段もあります。

デビットカードはクレジットカードと異なり、取引をした時点で口座から代金が引落される(即時決済)という仕組みになっているため、信用情報を調べられることがないので、個人再生でブラックリストに載っていても作ることができます。

デビットカードにもVISAやJCBなどおなじみのブランドがあり、対応している店舗であれば海外旅行で利用できるほか、携帯代など月々の支払いやネットでの支払いにも利用できますので、1枚持っておくと便利だといえるでしょう。

個人再生すると海外出張や旅行に制限はかかる?のまとめ

研究
  • 個人再生の手続中も手続後も、海外出張や海外旅行に行って問題ない
  • 手続中に海外出張や海外旅行に行く場合は、代理人との連絡や再生委員との面談に注意
  • 手続中に海外出張や海外旅行に行く場合は、履行テストや積み立ての入金日に注意
  • 個人再生後5~10年以内の海外出張や海外旅行ではクレジットカードが使えない
  • 個人再生後5~10年以内の海外出張や海外旅行では外貨両替やデビットカードを準備

個人再生の疑問解消!関連トピックはこちら

神戸で債務整理なら弁護士法人リーセット【神戸】

弁護士法人リーセット【神戸】へのアクセス

〒651-0087
神戸市中央区御幸通6-1-4 真田ビル5階
各線三ノ宮駅徒歩約5分
神戸駅から電車で約3分

 

神戸の主要駅からのアクセスはこちら

債務整理のことなら神戸の弁護士法人リーセットにお任せを!

弁護士法人リーセットのスタッフ

お電話での無料相談はこちら

0120-330-108

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)についてのご相談や、任意整理診断は、お電話またはメールで無料で行っております。
メールでのご相談は24時間受付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

●受付時間:平日9:00~20:00
●定休日:日曜・祝日

ご予約いただければ日曜・祝日・上記時間外も対応可能です。

弁護士法人リーセット【神戸】
神戸市中央区御幸通6-1-4 真田ビル5階(各線三ノ宮駅から徒歩約5分)

弁護士法人リーセット 神戸店

カードの返済に頭を抱える男性

債務整理の無料相談はこちら
(任意整理・個人再生・自己破産)

0120-330-108

メニュー

弁護士法人リーセット

事務所
お電話でのお問い合わせ
0120-330-108
メールでのお問い合わせ
住所

〒651-0087
兵庫県神戸市中央区御幸通6-1-4 真田ビル5階
各線三ノ宮駅徒歩約5分

対応エリア

兵庫県全域(神戸市・姫路市・西宮市・尼崎市・明石市・加古川市・宝塚市・伊丹市・川西市・三田市・高砂市・芦屋市・豊岡市・三木市・たつの市・丹波市・赤穂市・南あわじ市・小野市・加西市・洲本市・淡路市・篠山市・西脇市・宍粟市・加東市・太子町・播磨町・朝来市・猪名川町・相生市・稲美町・養父市・多可町・福崎町・香美町・佐用町・上郡町・新温泉町・市川町・神河町)