【相談無料】神戸・三ノ宮で債務整理経験豊富な弁護士なら弁護士法人リーセット

弁護士法人リーセット【神戸】

〒651-0087
兵庫県神戸市中央区御幸通6-1-4 真田ビル3階
各線三ノ宮駅から徒歩約3分
神戸駅から電車で約3分

受付時間
平日9:00~20:00
定休日
土曜・日曜・祝日
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

●取扱い業務:債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

お電話での無料相談はこちら
0120-330-108

メールでのご相談は24時間お気軽にどうぞ!

個人再生後の賃貸住宅に関する注意点

髙田弁護士

「個人再生が賃貸契約や更新に与える影響は?」
「個人再生後も新規で賃貸契約を結べる?」

住む場所は、個人再生後の生活を立て直すために、誰にでも必要なものです。

中には、個人再生後、家計を見直し、家賃を下げたり住む場所を変えたりしたいという方も多いはず。

では、個人再生後にアパートなどの賃貸契約を結びたいとき、注意が必要となる点はあるのでしょうか?

個人再生をしたら、賃貸契約を結べないのではないか、アパートの契約更新ができないのではないかと不安に思う方もいますが、基本的には個人再生をしても賃貸契約を結べないということはありません。

この記事では、個人再生が賃貸契約や契約更新に与える影響について、詳しく解説していきます。

個人再生をしても賃貸物件の契約や更新はできる

個人再生を行っても、基本的にはアパートなどの賃貸物件を借りることは可能です。

ですが、契約の際に、個人再生をしたことが不動産会社や家主に知られてしまい、契約に支障が出るということはないのでしょうか?

ブラックリストと賃貸契約の関係性

個人再生をすると、信用情報機関にあなたが個人再生をしたという事実が「事故情報」として登録されます。

これが、いわゆるブラックリストに載るということです。

ブラックリストの登録期間は、個人再生の場合5~10年間です。

その間は、あなたに支払い能力がないとみなされ、クレジットカードの利用やローンの契約ができなくなります。

ですが、ブラックリスト情報を知ることができるのは、カード会社(クレジットカード会社や消費者金融・銀行)だけです。

信用情報を照会できるのは、融資の審査をする場合に限られているからです。

つまり、不動産会社がブラックリスト情報を照会することはできません。

そのため、賃貸契約を結ぶときに、個人再生をしたかどうかは審査の対象外となります。

こうした理由から、あなたが個人再生をしても、賃貸契約や更新は可能なのです。

債務整理でブラックリストにはいつから何年載る?

クレジットカードの債務整理!債務整理するとカードは使えなくなる?

ブラックリストが賃貸契約に影響するケース

基本的には、個人再生をしたからといって、アパートやマンションが借りられないといことはありません。

ただし、契約にクレジットカードや保証会社が関連している場合には、新規の賃貸契約や更新が難しくなるケースがあります。

賃貸物件の中には、支払い方法がクレジットカードに限定されているものがあります。

そうした物件を借りたいと思っても、ブラックリストから外れるまではクレジットカードの利用ができないため、賃貸契約や更新ができなくなってしまいます。

また、賃貸契約時にクレジットカードを持っていなくても、契約と同時にクレジットカードの申し込みを求められるケースがあります。

これは、クレジットカード契約が可能かどうかをみて、家賃滞納のリスクを確認するためだと言われています。

そして、賃貸契約を結ぶ際、保証人は立てず、保証会社による家賃保証を受けることが要件となっている物件があります。

これらの物件で賃貸契約を結ぶには、不動産会社が委託する保証会社の審査をクリアする必要があります。

最近は、ジャックスやオリコ、セディナ、アプラスなど信販会社系の保証会社を利用している不動産会社が増えています。

この場合、保証会社がクレジットカード会社となるため、信用情報機関にあなたの信用情報を照会される可能性があります。

すると、あなたがブラックリスト状態であることがバレ、審査に通過することができません。

つまり、保証会社による家賃保証が受けられないということになり、新規で賃貸契約を結ぶことはできなくなってしまいます。

個人再生とは?

個人再生のデメリットは?

賃貸契約で個人再生の影響を避けるには?

マンション

クレジットカードの利用や保証会社が必須になっている物件の場合、個人再生後に賃貸契約を結ぶことは難しくなってしまいます。

しかし、世の中に出回っている賃貸物件は、そのような物件ばかりではありません。

諦めずに契約できそうな物件を探せば、必ず見つかります。

そのためのポイントをいくつかお教えします。

  • 現金払いが可能な物件を探す。
  • 他の保証会社を利用する。
  • 大家さんと交渉してみる。

最近では、家賃滞納のリスクを防ぐために、クレジットカードを家賃の支払いに利用している物件が増えてきています。

一方で、いまだ現金払いが可能な物件も数多くあります。

個人再生をした場合、クレジットカード払いの物件は諦め、現金払いの物件を探してみましょう。

また、保証会社の審査に一度落ちたとしても、他の保証会社を利用できる物件を探してみるのも手です。

審査に落ちた理由は、個人再生を行ったからなのか、収入や職業によるものなのかは、はっきりとはわかりません。

保証会社独自の調査によるものなので、ある保証会社で審査に通らなかったとしても、他の会社では審査に通る可能性はあります。

クレジットカード会社系ではない保証会社も多いので、まずは信用情報を必要としない審査方法であると思われる物件を選んでみるとよいでしょう。

また、どうしても借りたい物件がある場合には、大家さんと交渉してみるのもよいでしょう。

クレジットカード払いが必須になっていても、家賃を支払っていける自信があるなら大家さんに事情を話して、現金払いにできるか相談してみましょう。

今住んでいる賃貸物件を追い出されることはない

安心する女性

個人再生を理由に、今住んでいる賃貸物件から追い出されることはありません。

個人再生後も家賃を支払えば、そのまま住み続けることができます。

しかし、家賃を滞納している場合には注意が必要です。

個人再生前に家賃を滞納していた場合、契約違反で賃貸契約を解除されて、賃貸物件から追い出される可能性があります。

個人再生の開始前に滞納していた家賃は借金の一部となり、個人再生で大きく減額できます。

しかし、家賃の滞納を解消しないまま個人再生をしてしまうと、契約違反を理由に大家さんから賃貸契約を解除されてしまう可能性があります。

一方で、個人再生の開始決定後に、勝手に家賃の滞納分だけ返済するということもできません。

このような場合、賃貸物件を追い出されて困る時には、家族や親戚に代わりに払ってもらい、滞納を解消するとよいでしょう。

本人以外が特定の貸主に借金を返済することは、禁止されていません。

個人再生後の賃貸住宅に関する注意点のまとめ

研究
  • 個人再生を行っても、基本的にはアパートなどの賃貸物件を借りることは可能。
  • 不動産会社がブラックリスト情報を照会することはできないので、賃貸契約を結ぶときに個人再生をしたかどうかは審査の対象外となる。
  • 契約にクレジットカードや保証会社が関連している場合には、新規の賃貸契約や更新が難しくなる場合がある。
  • 個人再生後も賃貸契約を結びやすくするには、現金払いが可能な物件や、クレジットカード会社ではない保証会社を利用する物件を探し、大家さんと交渉してみるのも手。
  • 個人再生後も今住んでいる賃貸物件から追い出されることはなく、家賃を支払えば、そのまま住み続けることができる。

個人再生の疑問解消!関連トピックはこちら

神戸で債務整理なら弁護士法人リーセット【神戸】

弁護士法人リーセット【神戸】へのアクセス

〒650-0027
兵庫県神戸市中央区中町通2-2-18 平戸ビル3階

JR神戸駅・阪神阪急高速神戸駅から徒歩約3分
三宮から電車で5分

神戸の主要駅からのアクセスはこちら

債務整理のことなら神戸の弁護士法人リーセットにお任せを!

弁護士法人リーセットのスタッフ

お電話での無料相談はこちら

0120-330-108

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)についてのご相談や、任意整理診断は、お電話またはメールで無料で行っております。
メールでのご相談は24時間受付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

●受付時間:平日9:00~20:00
●定休日:日曜・祝日

ご予約いただければ日曜・祝日・上記時間外も対応可能です。

弁護士法人リーセット【神戸】
神戸市中央区御幸通6-1-4 真田ビル5階(各線三ノ宮駅から徒歩約5分)

弁護士法人リーセット(神戸)

カードの返済に頭を抱える男性

債務整理の無料相談はこちら
(任意整理・個人再生・自己破産)

0120-330-108

メニュー

弁護士法人リーセット

事務所
お電話でのお問い合わせ
0120-330-108
メールでのお問い合わせ
住所

〒651-0087
兵庫県神戸市中央区御幸通6-1-4 真田ビル5階
各線三ノ宮駅徒歩約5分