【相談無料】神戸・三ノ宮で債務整理経験豊富な弁護士なら弁護士法人リーセット

弁護士法人リーセット【神戸】

〒651-0087
兵庫県神戸市中央区御幸通6-1-4 真田ビル3階
各線三ノ宮駅から徒歩約5分
神戸駅から電車で約3分

受付時間
平日9:00~20:00
定休日
土曜・日曜・祝日
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

●取扱い業務:債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

お電話での無料相談はこちら
0120-330-108

メールでのご相談は24時間お気軽にどうぞ!

任意整理するとマイホームに影響がある?
任意整理は返済中の住宅ローンには影響を及ぼさない!

田中弁護士

「任意整理はしたいけどマイホームを手放したくない!
「任意整理した場合に、マイホームにはどんな影響がでるのだろうか?」

任意整理を検討中の方から、「マイホームは没収されてしまうのですか?」というご相談をいただくことがあります。

自己破産が財産を没収される手続きなので、恐らくそのイメージからきているでしょう。

しかし実際のところ、任意整理はマイホームを残しながら借金を返済していくことができる手続きであり、仕組みをしっかり理解してうまく利用すれば、大変有効な手段なのです。

それでは、マイホームを残すために、任意整理をどのように活用すればよいのか解説していきましょう。

マイホームを残したい方に最適な任意整理

借金で苦しんでいる方で任意整理を検討される方は数多くいらっしゃいます。

任意整理が人気の理由は、利息や遅延損害金をカットして借金を減額できるというメリットの他に、「マイホームを残しながら借金の返済を進められる」という点が挙げられます。

せっかく購入したマイホームを手放したくないのは誰しも同じでしょうから、人気があるのも頷けますよね。

それでは、任意整理とマイホームの関係についてもう少し詳しく見ていきましょう。

住宅ローンに設定される抵当権について

まずは、なぜ家が没収されてしまうのかについて見ていきましょう。

多くの方が住宅を購入する際は住宅ローンを組むことになりますが、その住宅ローンは、家や土地に「抵当権」を設定することで成立しています。

つまり、銀行は融資をしたあとに、ローンが回収できなくなるリスクに備えて、家や土地に担保をつけており(抵当権)、もし、ローンが回収できなくなったら家や土地を没収、売却してローンに充てようとするわけです。

もし、あなたが住宅ローンを任意整理したとすると、銀行は、あなたに住宅ローンの返済能力がないものと判断し、あなたの家や土地を没収してしまうわけですね。

任意整理がマイホームを残せる理由は?

前述したとおり、住宅ローンを任意整理の対象にすると、銀行は抵当権を行使して家や土地を差し押さえにきます。

差し押さえた家や土地は競売にかけられ、ローンの返済に充てられるわけです。

当然、競売で売却されれば安値で取引されるため、ローンに充てられる額も僅かになってしまう可能性が高いでしょう。

では、どうすればよいか。答えは、「住宅ローンだけは今まで通り返済を続ければよい」ということになります。つまり、住宅ローン以外の借金だけ任意整理の対象にするということです。

そして、そのような手続きができるのが任意整理なわけです。もう少し詳しくご説明しましょう。

任意整理は整理する借金を選べる

任意整理は、一部の借金だけ整理できるという点が大きなメリットです。

つまり、住宅ローンだけは今まで通り返済して、他のカード会社(クレジットカード会社・消費者金融)だけを整理の対象にする、ということができるわけです。

なお、自己破産ではこのようにはいきません。自己破産は「債権者平等の原則」により、一部のカード会社だけを優遇したりすることができません。

任意整理がこのように柔軟に対応できる理由は、あなたと、銀行やカード会社との「和解」によって進める手続きであるためです。

このようにマイホームを残したい方にとって素晴らしい任意整理ではありますが、うまく機能しないケースもあります。どうようなケースがあるか見ていきましょう。

任意整理とは?

任意整理うまく機能しないケース

任意整理は、一部の借金だけを整理の対象にできるため、基本的にはマイホームを残すことができるのですが、イレギュラーなケースもありますので説明していきましょう。

例えば、以下のような方(甲さん)がいらっしゃるとします。

  • 給与30万円
  • 生活費6万円
  • 借金内訳

住宅ローン4万円

消費者金融20万円

甲さんの生計を見てみると、消費者金融の借金が生活を圧迫していることが分かりますね。つまり、消費者金融の借金さえ任意整理すれば、生活はだいぶ楽になるでしょう。

仮に消費者金融への月々の返済額が半分の10万円になったとしても、その他の雑費で生活を圧迫しているのであれば、元本が減額できる個人再生を検討してみましょう。

それでは次に、乙さんの例を見ていきましょう。

  • 給与30万円
  • 生活費6万円
  • 借金内訳

住宅ローン20万円

消費者金融4万円

乙さんは、住宅ローンの返済が生活を圧迫していると分かるでしょう。しかし、乙さんがマイホームを残すためには住宅ローンを整理の対象にすることはできません。

ただし、これでは多額の住宅ローンが残る結果となり、生活は全く楽になりませんね。

結果、乙さんにとって、任意整理はうまく機能しているとはいえないでしょう。

乙さんのようなケースでは、生活が苦しく、もうマイホームを手放してしまおう・・という決断もあるかもしれません。

しかし、住宅ローンを任意整理の対象にすると、ある問題が発生してしまうのです。どういうことか見ていきましょう。

住宅ローンを任意整理対象にした場合の問題点と保証人について

住宅ローンを任意整理の対象にした場合の問題点として、まず挙げられる点は、銀行に抵当権を行使され、家や土地を没収されてしまうということです。これは前述した内容ですね。

その他、任意整理をするとブラックリストに事故情報が載りますので、ブラックリストから情報が削除されるまで(記録期間は5~7年)は、住宅ローンを組めないという問題点もあるでしょう。

そして、もう1点大きなリスクが存在します。それは、「保証人に請求がいく」ということです。

保証人は、本人に返済能力がなくなった時に、代わりに返済するという約束をしている方です。そのため、本人が任意整理をしてしまうと、銀行は、代わりに保証人をターゲットとして取り立てることになります。

保証人にご両親や配偶者などを立てていると、非常につらいですね。

債務整理でブラックリストにはいつから何年載る?

任意整理であれば保証人を守れる

しかし、言い換えれば、任意整理は一部の借金だけを整理できるので、保証人のついているローンを整理の対象外にすればよいわけです。

対象外にすれば、もちろん借金は減額されませんが、その他のローンが減額されますので、その分を保証人付きのローンに充てればよいでしょう。

このように、保証人に迷惑をかけたくない方にとって任意整理は最適と言えますね。

しかし、自己破産ではこのようにうまくはいきません。自己破産は全てのローンを対象にしなければならないので、結果的に保証人にも迷惑をかけることになります。

 

保証人に迷惑をかけたくないが任意整理したい場合

とは言うものの、保証人付きローンの額が大きく、整理しないと困ってしまうという方もいらっしゃるでしょう。

そのような方は、保証人も「連名」で任意整理を行うことで保証人に請求が行かなくなります。もちろん、本人が任意整理後に約束通りにローンの支払いを進めることが条件にはなりますが。

しかし、連名にはデメリットもあります。

それは、「保証人もブラックリストには載ってしまう」、ということです。

このように、保証人を任意整理の対象にするのであれば慎重に進める必要がありますので、事前に保証人の方と十分に話し合い、双方合意の上で進めていく姿勢が肝心と言えるでしょう。

住宅ローンを任意整理した場合

これまでの説明で、住宅ローンを任意整理の対象にすれば、住宅ローンが減額されたり、返済期間を延長してもらえたりするのでは?と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし実際には、大半の銀行が、審査基準に合わないとして取り合ってくれないのが現実です。

一部の銀行は検討してくれる可能性がありますが、延滞をしていないことが条件になります。

なお、既に延滞が発生している状態で住宅ローンを任意整理の対象にすると、銀行は一括返済を求めてくる可能性がある(期限の利益の喪失)ので注意しましょう。

このことから、任意整理をするのであれば、住宅ローン以外の借金を整理して借金を減らしていく方法が賢い選択と言えるでしょう。

任意整理するとマイホームに影響がある?のまとめ

研究
  • 任意整理はマイホームを手放さずに借金の返済ができる手続き
  • 任意整理は一部の借金だけを整理できる手続き
  • 住宅ローンを任意整理の対象とする場合、保証人に請求がいく
  • 大半の銀行は、住宅ローンの任意整理には取り合ってくれない

債務整理のことなら神戸の弁護士法人リーセットにお任せを!

弁護士法人リーセットのスタッフ

お電話での無料相談はこちら

0120-330-108

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)についてのご相談や、任意整理診断は、お電話またはメールで無料で行っております。
メールでのご相談は24時間受付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

●受付時間:平日9:00~20:00
●定休日:日曜・祝日

ご予約いただければ日曜・祝日・上記時間外も対応可能です。

弁護士法人リーセット【神戸】
神戸市中央区御幸通6-1-4 真田ビル5階(各線三ノ宮駅から徒歩約5分)

弁護士法人リーセット(神戸)

カードの返済に頭を抱える男性

債務整理の無料相談はこちら
(任意整理・個人再生・自己破産)

0120-330-108

メニュー

弁護士法人リーセット

事務所
お電話でのお問い合わせ
0120-330-108
メールでのお問い合わせ
住所

〒651-0087
兵庫県神戸市中央区御幸通6-1-4 真田ビル5階
各線三ノ宮駅徒歩約5分

対応エリア

兵庫県全域(神戸市・姫路市・西宮市・尼崎市・明石市・加古川市・宝塚市・伊丹市・川西市・三田市・高砂市・芦屋市・豊岡市・三木市・たつの市・丹波市・赤穂市・南あわじ市・小野市・加西市・洲本市・淡路市・篠山市・西脇市・宍粟市・加東市・太子町・播磨町・朝来市・猪名川町・相生市・稲美町・養父市・多可町・福崎町・香美町・佐用町・上郡町・新温泉町・市川町・神河町)