【相談無料】神戸・三ノ宮で債務整理経験豊富な弁護士なら弁護士法人リーセット

弁護士法人リーセット【神戸】

〒651-0087
兵庫県神戸市中央区御幸通6-1-4 真田ビル3階
各線三ノ宮駅から徒歩約3分
神戸駅から電車で約3分

受付時間
平日9:00~20:00
定休日
土曜・日曜・祝日
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

●取扱い業務:債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

お電話での無料相談はこちら
0120-330-108

メールでのご相談は24時間お気軽にどうぞ!

債務整理にベストなタイミング

宿谷弁護士

「債務整理に踏み切るタイミングがわからない」
「借金に困ったらまずはどうしたらいいの?」

債務整理とは、借金の負担を軽減するための法的な制度です。

借金の返済に困り、「自力では返済できそうにない」と思ったら、なるべく早く債務整理を行うことが大切です。

とはいっても、実際どんなタイミングで債務整理を検討すべきか迷う人も多いと思います。

本ページでは、債務整理を行うベストなタイミングについて解説します。

債務整理とは?

債務整理とは、借金の負担を軽減するために利用できる法的な制度です。

債務整理には、以下のようにいくつかの種類があります。

<債務整理の種類>

  • 任意整理……裁判所を通さず、弁護士とカード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)による直接交渉で行う債務整理。借金の利息免除が可能。
  • 個人再生……裁判所を通じた債務整理で、借金の利息免除、元本の圧縮が可能。
  • 自己破産……裁判所を通じた債務整理で、借金の利息・元本が全額免除される。財産の没収や職業制限などを受けることもある。

債務整理をする際は、自分の借金・収入の状態にあった種類を選ぶことが大切です。

債務整理をすべきタイミングは?

債務整理は、借金の返済に苦しんだらなるべく早く検討することが大切です。

以下のような人はすぐにでも債務整理を検討するとよいでしょう。

借金を返済するために、他の借金をするようになったとき

借金の返済に収入が追いつかなくなり、他のカード会社から借金をするようになったという人は、債務整理を検討すべきです。

このように複数のカード会社から借金をする人のことを「多重債務者」といいます。

多重債務は、返済に時間がかかればかかるほど利息も高く付き、自力での返済が難しくなるケースが多いです。なるべく早く債務整理を行うことをおすすめします。

毎月の返済額が月収の3分の1を上回るとき

日本では、国民の経済破綻を防ぐため、借金できる金額が法律によって定められています。

総量規制といって、具体的には年収の3分の1までの額しか借り入れできません。

そのため、現段階で借金の返済額が毎月月収の3分の1を超えている方の場合、いずれ返済が回らなくなり、経済破綻してしまう可能性が高いといえるでしょう。

近い将来に結婚を考えているとき

基本的に借金の問題は、各個人のものです。

しかし、結婚し、誰かと生活をともにすることを考えると、借金が家族に迷惑をかける可能性も大いに考えられます。

そのため、多くの人は結婚前に借金をどうにかしようと債務整理を考えます。

離職・病気などで収入がなくなるとき

借金の返済中に思わぬアクシデントで収入がなくなることも考えられます。

たとえば、会社が突然倒産してしまったり、事故や病気で仕事が続けられなくなったりすることもあるでしょう。

収入がなくなれば、当然借金の返済が難しくなります。

そんなときは溜め込んで滞納してしまう前に、なるべく早く債務整理を検討するといいでしょう。

借金の返済に1年以上苦しんでいるとき

「かれこれ1年借金返済をしているけど、生活が一向に楽にならない」という場合、債務整理をしなければ今後も生活が厳しくなることが予想されます。

該当する人は、なるべく早く債務整理を行うとよいでしょう。

債務整理をしないとどうなる?

必要なタイミングで債務整理をしないとどうなるのでしょうか。

ここでは、債務整理をしなかった場合どんなことが起きるかについてご説明します。

カード会社からの取り立てや強制執行が行われる

借金の返済を滞らせてしまうと、カード会社から取り立てが行われます。

自宅や職場に電話がかかってくることもあれば、郵送物が送られてくることもあります。

また、取り立てがあったにもかかわらず対応しないと、強制執行といい、給与などの差し押さえが行われてしまう可能性があります。

選べる債務整理の種類が狭まる

前述の通り、債務整理にはいくつかの種類があります。

借金の負担が少ないうちに債務整理を始めれば、それだけ選べる債務整理の種類も多く、債務整理で無理なく計画的に借金を解決できます。

しかし、借金の負担が大きくなりすぎてしまうと、一番効力の強い「自己破産」しか選択できず、財産の没収や職業制限など借金が帳消しになる代わりのペナルティを受けることになってしまいます。

精神的に追い詰められ、自殺してしまう人も

借金を抱え、返済し続けていくことは精神的にも大きな負担になります。

日本人の自殺の主な理由第二位は「経済・生活問題」となっており、借金を理由に自殺してしまう人があとを絶ちません。

死を考える前に、まずは債務整理で解決できないかどうか、法の専門家に相談することをおすすめしましょう。

早くに債務整理をすれば、過払い金返還請求が可能な場合も

債務整理は、借金に困ったら出来るだけ早く行うことが大切です。

特に2008年以前に借金をしていた方の場合、過払い金の返還を受けるためにも早めの債務整理が必要です。

過払い金とは、借金の返済中に払いすぎてしまった利息のことです。

2008年以前の借金は、利息を定める法律による影響で今よりも多額な利息を請求されていた恐れがあります。

これを取り戻すために、弁護士事務所に依頼をして過払い金返還請求を行うことができます。

しかし、過払い金にも時効があり、利息返済から10年以上経過してしまうと、過払い金返還請求が行えなくなってしまいます。

そのため、2008年以前から借金を抱えている方は、なおさら早く弁護士事務所に相談したほうがよいでしょう。

借金に苦しんだら、まずは弁護士事務所に相談

以上のように、借金に困ったときは追い詰められる前に債務整理を検討することをおすすめします。

「自分に合った債務整理がわからない」「このままではいけないけど勇気が出ない」という方は、まず弁護士事務所の無料相談を利用しましょう。

弁護士事務所では、あなたの借金・収入の状態や家族構成、未来設計にあった債務整理を提案します。

債務整理にベストなタイミングのまとめ

研究
  • 債務整理とは、借金の負担を軽減するための法的な制度
  • こんなときは債務整理を検討
  • 借金の返済のために他の借金をし始めたとき
  • 借金の返済が月収の3分の1を上回るとき
  • 近い将来に結婚を考えているとき
  • 離職・病気などで収入がなくなるとき
  • 借金の返済に1年以上苦しんでいるとき
  • 債務整理をしないとどうなる?
  • 取り立てや給与の差し押さえが行われることもある
  • 自己破産しか選択肢がなくなることもある
  • 精神的に追い詰められ、自殺してしまう人もいる
  • 借金に苦しんだら、まずは弁護士事務所の無料相談へ

債務整理のことなら神戸の弁護士法人リーセットにお任せを!

弁護士法人リーセットのスタッフ

お電話での無料相談はこちら

0120-330-108

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)についてのご相談や、任意整理診断は、お電話またはメールで無料で行っております。
メールでのご相談は24時間受付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

●受付時間:平日9:00~20:00
●定休日:日曜・祝日

ご予約いただければ日曜・祝日・上記時間外も対応可能です。

弁護士法人リーセット【神戸】
神戸市中央区御幸通6-1-4 真田ビル5階(各線三ノ宮駅から徒歩約5分)

弁護士法人リーセット(神戸)

カードの返済に頭を抱える男性

債務整理の無料相談はこちら
(任意整理・個人再生・自己破産)

0120-330-108

メニュー

弁護士法人リーセット

事務所
お電話でのお問い合わせ
0120-330-108
メールでのお問い合わせ
住所

〒651-0087
兵庫県神戸市中央区御幸通6-1-4 真田ビル5階
各線三ノ宮駅徒歩約5分

対応エリア

兵庫県全域(神戸市・姫路市・西宮市・尼崎市・明石市・加古川市・宝塚市・伊丹市・川西市・三田市・高砂市・芦屋市・豊岡市・三木市・たつの市・丹波市・赤穂市・南あわじ市・小野市・加西市・洲本市・淡路市・篠山市・西脇市・宍粟市・加東市・太子町・播磨町・朝来市・猪名川町・相生市・稲美町・養父市・多可町・福崎町・香美町・佐用町・上郡町・新温泉町・市川町・神河町)