【相談無料】神戸・三ノ宮で債務整理経験豊富な弁護士なら弁護士法人リーセット

弁護士法人リーセット【神戸】

〒651-0087
兵庫県神戸市中央区御幸通6-1-4 真田ビル3階
各線三ノ宮駅から徒歩約5分
神戸駅から電車で約3分

受付時間
平日9:00~20:00
定休日
土曜・日曜・祝日
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

●取扱い業務:債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

お電話での無料相談はこちら
0120-330-108

メールでのご相談は24時間お気軽にどうぞ!

無職でも債務整理は可能?

田中弁護士

「無職でも債務整理できる?」

借金問題で生活が困窮している上に、ある日突然リストラされてしまった!

このような最悪のケースでも、債務整理は可能なのでしょうか?

結論から述べると、債務整理する方法はあります。今回は、無職でも債務整理は可能?という疑問について詳しく解説してまいります。

無職でも債務整理は可能

借金の返済により、生活が困窮している最中、突然失業してしまい、

債務整理をしたいのに無職になってしまった...このようなケースに陥ったら、どうすればよいのでしょうか?

実は、そんなに悩まなくてもよいかもしれません。

というのも、無職でも債務整理は可能だからです。

債務整理をするのに、職の有無を問われることはありません。

そして無職の人こそ、早めに弁護士や司法書士へ相談するべきです。

借金問題は時間が経過すればするほど、状況が悪化していきます。

逆に、早期に対応ができれば、経済的に更生できる可能性が高まります。

債務整理の手続き費用について

債務整理の手続きには、費用が必要となりますが、一括して事前に支払わなくてはいけない訳ではありません。

ほとんどの弁護士事務所や司法書士事務所では、分割での支払いが可能で、月々の支払い額は、なんとか支払える額に設定することができます。

そのほか、後払い対応している法律事務所もあるので、確認してみるとよいでしょう。

しかし、一銭も持っていないという状況であれば、無理なケースも、あるにはあります。

法テラスの利用も検討すべき

まとまったお金がない場合は、法テラスの利用を検討しましょう。

法テラスは、国が母体となっている組織で、主に弁護士の紹介業務を行っています。

また弁護士費用を立替制度もあるので、低所得者でも安心して利用できます。

現在、まとまったお金がないという場合は、この立替制度を利用して、債務整理の手続きができる訳です。

立替後の返済も、月々数千円程度(5000円~1万円)でよいです。

一方、法テラスのデメリットとして、自分では弁護士を選ぶことが出来ない、という点は留意すべきです。債務整理に強い弁護士に当たれるかどうかが、不確実です。

もうひとつ注意すべきなのが、自己破産すると、裁判所へ申し立てる際、「予納金」を支払う必要があります。これは裁判手続きを進める上で必要な実費です。

この費用だけは、法テラスでは立替できないので、なんとか用意しなければなりません。

無職で債務整理をする方法

無職でも債務整理は可能ですが、それも状況次第ということになります。下記にて、注意すべきパターンを整理してまいります。

自己破産なら可能

自己破産とは、裁判所に申し立てすることにより、破産者の財産を処分することでお金に換えて、カード会社への返済に充てた後、残った借金をゼロにする、という手続きのことです。

無職、無収入でも、破産申立をすることは可能です。

ただし、自己破産をすると、現在所有している財産(20万円以上の価値のある不動産や自動車、保険の解約払戻金など)が差し押さえとなり、換金されたカード会社への配当に充てられることになります。

また、借金の原因によっては、免責が認められないこともあるので注意が必要です。

例えば、ギャンブルや投機、不正行為の賠償金などです。

自己破産したくない場合は?

無職の状態で、弁護士に相談すると、自己破産を勧められるケースが多々あります。

といっても、破産をすると自宅や自動車などを、差し押さえられることもあり、できればやりたくないという人も少なくないでしょう。

なので、出来るならば、債務整理を依頼する前に、アルバイトやパートでも構わないので、何か職業に就くことが大切です。

「毎月返済できる収入がある」という既成事実さえあれば、債務整理の選択肢も変わってきます。

とりあえず、どのような職でもよいので就職して、適切な債務整理を利用した後、返済をしながら転職する...という流れが理想的です。

任意整理は基本的にNG

任意整理とは、カード会社と交渉して、利息や遅延損害金の支払いを免除してもらい、なおかつ、返済期間を長くすることができる(およそ5年計画)ことで、毎月の返済額を減額できる、というものです

したがって任意整理では、整理後にも借金の支払いが残ります。

月々返済ができるだけの収入を得ている人であることが、条件となる訳です。基本的に無職の人は、任意整理は利用できないと考えた方がよいでしょう。

もっとも専業主婦なら、自分は無職、無収入でも夫が会社員で収入を得ているのであれば、「収入がない」とはいえません。

家計から捻出した費用で、月々の返済ができるのであれば、任意整理が可能です。

個人再生は出来ない

個人再生とは、裁判に申し立てをして、借金の総額を約5分の1程度にまで減額してもらった上で、残りの借金を原則3年(場合によっては5年に延期可能)かけて、カード会社に分割で支払っていくことで、借金を整理する、というものです。

個人再生は、自己破産のように借金がゼロになる訳ではありませんが、住宅ローン以外の借金が大幅に減額されます。

個人再生を利用するには、安定した収入を得ており、月々の返済ができることが条件となります。

したがって、無職では手続きを行うことは不可能です。

なお、安定した収入といっても、必ずしも正社員に限られる訳ではなく、アルバイトなどでも、要件を充たすことは可能です。

現在無職でも、今後仕事に就いて収入を確保することで、個人再生を検討する...ということは、考えられるでしょう。

過払い金請求ができるケースも

もし2008年以前からの借金だった場合は、過払い金請求を行うことできる可能性があります。

多くのカード会社は、2008年以前まで、利息制限法の上限金利を上回る利息で、貸付をおこなっていました。

なので、カード会社から借金をしている人の中には、利息制限法の上限金利にもとづいた「引き直し計算」をすれば、借金は減る可能性がありますし、場合によっては、過払い金が借金を上回っていると、手元に現金が戻ってくるかもしれません。

のみならず、借金はゼロになる上に、専門家へ報酬を支払っても、まだ手元にお金が残るというケースもあります。実質タダで債務整理ができる訳です。

これができるとなれば、無職の人にとっては朗報ですね。

心当たりのある人は、一度法律事務所にて、相談してみるとよいでしょう。

無職でも債務整理は可能?のまとめ

研究

以上、いかがでしたでしょうか?

無職、無収入の人でも債務整理は可能です。

ただし、債務整理をする場合は、費用が必要となるので、この課題をクリアする必要があります。

他方、手をこまねいている内に、借金問題はどんどん悪化していきます。

現在無職で、借金問題で悩んでいるのであれば、無料相談でもよいので、弁護士などの専門家にアドバイスを受けにいきましょう。

  • 無職では任意整理と個人再生は基本的に利用できない
  • 弁護士費用の工面が難しいのであれば、分割払いや法テラスを利用するとよい
  • 自己破産をする場合は、裁判所へ支払う予納金があるが、これを法テラスで立替することはできないので、注意しないといけない
  • 自己破産をしたくなければ、何かしらの職に就くことで、他の債務整理を選択できるようになる

債務整理のことなら神戸の弁護士法人リーセットにお任せを!

弁護士法人リーセットのスタッフ

お電話での無料相談はこちら

0120-330-108

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)についてのご相談や、任意整理診断は、お電話またはメールで無料で行っております。
メールでのご相談は24時間受付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

●受付時間:平日9:00~20:00
●定休日:日曜・祝日

ご予約いただければ日曜・祝日・上記時間外も対応可能です。

弁護士法人リーセット【神戸】
神戸市中央区御幸通6-1-4 真田ビル5階(各線三ノ宮駅から徒歩約5分)

弁護士法人リーセット(神戸)

カードの返済に頭を抱える男性

債務整理の無料相談はこちら
(任意整理・個人再生・自己破産)

0120-330-108

メニュー

弁護士法人リーセット

事務所
お電話でのお問い合わせ
0120-330-108
メールでのお問い合わせ
住所

〒651-0087
兵庫県神戸市中央区御幸通6-1-4 真田ビル5階
各線三ノ宮駅徒歩約5分

対応エリア

兵庫県全域(神戸市・姫路市・西宮市・尼崎市・明石市・加古川市・宝塚市・伊丹市・川西市・三田市・高砂市・芦屋市・豊岡市・三木市・たつの市・丹波市・赤穂市・南あわじ市・小野市・加西市・洲本市・淡路市・篠山市・西脇市・宍粟市・加東市・太子町・播磨町・朝来市・猪名川町・相生市・稲美町・養父市・多可町・福崎町・香美町・佐用町・上郡町・新温泉町・市川町・神河町)